素材について

越前塗の説明

越前漆器は、生産工程にも大きな特徴があります。それは産地全体で分業体制が確立しており、素地づくり、塗り、加飾などさまざまな工程が高度に専門化していることです。これが美しさ、堅牢さなど品質の安定と、高い生産能力につながっています。
丸物は、水目桜、トチ、ケヤキなどをろくろで削って形をつくります。

角物はカツラ、ホオ、漆器用合板などを裁断し、削り込み、組み立てます。そして塗り工程は手塗りかスプレーとなります。加飾工程は現在最も多く行われているのは、蒔絵、沈金、そして機械によるスクリーン印刷や転写です。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ